相続が起こったら、何をしなければいけないの?
相続が起こったら、何をしなければいけないの?

 相続とは、誰かが亡くなったときに、その亡くなった人の財産及びそれに属する権利・義務を、
一定の人が引き継ぐことをいいます。
 亡くなった人のことを「被相続人」といい、引き継ぐ人のうち、一定の関係の人のことを「相続人」と
いいます。 (相続人・・・基礎知識A「相続人にあたるのは誰?」参照)

 相続に関する手続きには、期限が決まっているものも多くあります。それらの期限を過ぎてしまい、
相続人にとって不利(※)にならないよう、必要な手続きとその流れを知っておくことが大切です。

 



 3ヶ月以内に放棄の手続きをできなかった場合
   →財産の額を超えるような多額の債務(借金等)を引き継がなければならない場合があります。
 10ヶ月以内に申告できなかった場合
   →無申告加算税(520%)や延滞税がかかる可能性があります。


                                  相続の基礎知識A「相続人にあたるのは誰?」

お問合せ


税理士法人 名南経営
資産税部


〒450-6333
名古屋市中村区名駅1-1-1 
JPタワー名古屋33F  地図

TEL:052-589-2305
FAX:052-589-2317
 
 

名南コンサルティングネットワークHP↓
meinan
プライバシーポリシー